薄毛部位で血行不良の場所を見極める

薄毛部位で血行不良の場所を見極める

薄毛は血行が悪くなってきた場所から進行しやすいです。

例えば、生え際から薄くなってきた場合は、おでこや頭頂部付近の血行が悪くなってきています。長時間のデスクワークによる眼精疲労によって、目の周りの筋肉の血流が悪くなるだけでなく、さらにはおでこ付近の筋肉をもこわばらせてしまいます。

また、頭頂部付近が薄くなる場合は、ストレスによって頭皮の筋肉が緊張し、血行不良へと繋がっていることが考えられます。

この他、耳の周りから薄くなる場合もあります。これは、首や肩こりが大きく影響している可能性が考えられます。首や肩周辺の筋肉が固まり、血流が悪くなっていることから、耳周辺にも影響が及んできます。

どの部位であっても、血流が悪くなると毛根に栄養分が届きにくくなり、髪のターンオーバーが乱れ始めます。そうなれば、髪の補修や成長に影響が出てきます。髪にハリやコシがなくなり、抜けやすくなったり、生えなくなってしまうのです。

薄毛の原因をしっかりと見極め、血行を良くすることが重要なのです。

コメントは受け付けていません。