この記事をかくまで、スキンケアは自分の事にしか興味がなかったのです。

しかし、これではいけません。世の中では、かっこよい男性は殆ど美肌だということに気づきました。

自分の分だけではなく、たっぷり使える化粧水や、乳液を、風呂屋のサービスボトルのように洗面台に設置することを思いつきました。

高い化粧品を置いてあげない、というところに、哀しくも貧乏性の所が出てしまうのですが、先ずは男性も、女性も保湿が最も大切なスキンケアの第一歩です。

たっぷり使える化粧水のボトルを浴室の横にあります洗面台に設置して、今日からたっぷりと使ってもらうようにしようと思います。

そして、日焼けの後など、特にケアが必要な時に対応できる乳液なども、一緒にセットしておきます。

男性のスキンケアを前向きにとらえますと、肌の手入れもしない男性よりも、髭反り、歯磨きの如く、スキンケアもしっかりとしている男性の方が良いでのではないでしょうか。

夫にも、スキンケアの門扉を開放します。